FITSファイル

現在、やっている開発で、天文領域用のFITS (Flexible Image Transport System)
というファイルを読み込んで操作するソフトを作っています。このFITSというのは、天文関係で使われているファイル形式で、ヘッダ情報とデータの情報のセットになっています。画像だけでなく、連なった画像のデータやもっと次元の多い数値データなども格納することができ、カスタマイズして出力することも可能な、普通のPNGやJPGとは全く異なる形式です。整数型だけではなくて、浮動小数点のデータでも格納することができるので、天文関係の精度の高いデータを扱うために考案されたもののようです。

 で、色々調べて開発しているのですが、なかなか、情報が多くなくて難儀しています。特に浮動小数のデータを実装して、整数型のRGBカラーに丸め込んでソフト上に表示するのですが、なかなか手強いです。特に、色々な科学プロジェクトによってファイルの定義が違うので、それに合わせなくてはならず、バイナリーエディターでサンプルのファイルを見て、ヘッダを解読しています。

 以前、RGBComposerというソフトを2002年ごろにリリースしていたことがあり、当時はNASAの火星探査機からのRAW画像をカラー合成するために作っていました。それを公開していると、ある天文学者の方からメールをいただき、カラー合成で役にたっているとのことでした。ちょっと予想していなかったので、その方のアドバイスなどを取り入れて、色々改良していました。それで、天文関係のことが分かったのですが、2MASSという近赤外線領域の観測データがあることがわかりましたが、それはFITSのファイルフォーマットになっていて、それをいつか扱いたいなと思っていました。

 今回、扱ってみて、そのファイルのヘッダを見てみると、本当に細かな、観測装置の情報や位置情報などが詰まっていて、それを見ていても面白いのですが、残念ながら、自分自身、基本的に天文学を学んでいないので、ちょっと合っているのか?自信がありません。

 それと開発環境の制約もあって、スピードが足りなくて、大きなファイルだと読み込みに時間がとてもかかります。ここら辺の問題はあるのですが、やっていて、結構楽しめています。バッチ処理も導入したので、ファイルを自動で多量に合成することも実装しています。火星探査機のNASAのRAW画像はJPGで公開されていますから、これを合成するテストではバッチ処理でかなり効率的にできます。

 まあ、形になって、公開できるかは未定ですが、そんなことを最近やっています。

GridWindMusicバージョンアップ

すっかり、ブログが止まっていましたが、バージョンアップの報告です。

主な変更点は、テンポを3倍遅くできるようにしました。ユーザーの方からメールをいただき、やりとりしていて、出てきたもので、やってみると、ホントに、ブライアン・イーノのMusic for Ariportとか初期のアオンビエントみたいな感じになってきました。確かに曲を作っていても、テンポを変えると曲の表情というのは変わるもので、全く違った感じになりますので、このソフトでも同じように印象はがらっと変わるようです。
 マックは次のOSのメジャー・バージョンアップで32bitアプリが使えなくなるそうなので、ちょうどよく、64ビット化もできていて、良かったかなと思います。Windows版も32ビットと64ビット版を用意しました。64ビット版は、手元にウインドウズ10の64ビット版がないので、動作確認うまくできてないかもしれません。もし、不具合があれば教えていただけるとうれしいです。

接点が問題

Magic Mouseが頻繁に切れるので、そういえば、接点が汚れているとなったのを思い出して、掃除をしてみました。綿棒でやるといいよ!でも、まだ安定しなくて、もう一度よくみてみると、充電池のエネループの方がかなり汚れていました。それで、ティッシュで接点をごしごし。
 充電池も長く使っていると汚れるわけで、デジタル機器とは言え、やはりその中に非常に基本的な電気のメカニズムがあるので、お手入れは必須ですね~

 でも万一のため、有線のマウスも常備しておくのも必要!

2017年時点でAppleWorks書類を開く

ちょっと必要があって、昔アップルの無料で付いてきていたAppleWorks.appの書類を開いて変換することになりました。
 2017年時点で、自分の持っているマックはmacOS10.12.6 Sierraなんですが、文書だと、現行のPagesでは開けませんでした(ここら辺、開けるようにして欲しいですね)。
 ネットであれこれ検索し、LibreOfficeというOffice互換ソフトが対応しているとのことで、試してみたところ、フォントがOsakaではうまく開けて、他のファイルは何故か文字化けしていました。

 さらに調べて、以前のPagesなら開けるかな?と思って、iWork 09を再度インストールし、アップルのサイトで最後のバージョンにアップデートしたら、文書ファイルは開けましたし、Sierraでも問題なく動きました。これで開けなかった文書を開いてみると、リュウミンライトが見つかりませんというメッセージが出て、フォントがリュウミンだったので、LibreOfficeではうまく変換できず、文字化けしたようです。

 ただ、これは、09をパッケージで購入していないとだめなので、持っていない方は無理かもしれません。

 他には、有料ソフトで docXConverterというのがデモ版で試しましたが、うまく変換できました。

http://www.mercury-soft.com/docx.html

 ちょっと忘備録的に記事を書いてみました。

昔のソフトを復刻中

pic1-2017-07-22-11-31.png
 2000年ごろにリリースしていた、UnityWordというソフトがあったんですが、今は公開していません。当時は、色々、雑誌とかに掲載されたりして、面白かったです。今は、iOSのソフトで、グラフィックと音楽が融合したものがありますが、似たようなことをやっていました。その手のソフトはほとんど無かったので、面白がられたのかなぁとか思います。
 当時は数学的に位置情報を計算することが出来なくて、固定的な位置を内部に持っていたので、整数倍の大きさにしか設定できませんでした。色々、今から考えると下手くそなそふとだったかなぁとか。

 最近、思い立って、一から作りなおしてみようと、ちょこちょこやっています。位置情報も計算して当てているので、どんなサイズでも表示でき、また、その位置情報を回転させて、変わった動画のようなことが出来て面白いです。

UIはこんな感じ。

pic2-2017-07-22-11-31.png

 でも、今は、この手のソフトはいっぱいあるので、どうのように面白い仕掛けをつけ加えるか、色々考えています。座標系をいじると、面白いことができるのですが、なかなか、アイデアがまとまりませんね。でも、懐かしいのと、個人的に楽しいです。

 公開するか未定です。まあ、のんびり楽しみで。

GridWindMusic 3.1.8 公開

本日、バージョン3.1.8を公開しました。

演奏のアルゴリズムを改善しました。音の重なり方が良くなるようにしてみました。
また、音階の全音音階、BlueNoteでも、もう少し聴きやすくなるように努力しました。
インスペクター周りにあったバグを修正しました。

ダウンロードURL
http://gridwindmu.webcrow.jp/index.html

GridWindMusic 3.1.7 公開

本日、バージョン3.1.7を公開しました。

バグフィックしたんですが、新規で書類を作ると、インストのパネルで先頭の格子ではないところに丸が描画されていたのを直しました。
アバウト画面ではGridWindMusicのフォントをArial Blackからシステムフォントに変更しています。

ダウンロードURL
http://gridwindmu.webcrow.jp/index.html