2017年時点でAppleWorks書類を開く

ちょっと必要があって、昔アップルの無料で付いてきていたAppleWorks.appの書類を開いて変換することになりました。
 2017年時点で、自分の持っているマックはmacOS10.12.6 Sierraなんですが、文書だと、現行のPagesでは開けませんでした(ここら辺、開けるようにして欲しいですね)。
 ネットであれこれ検索し、LibreOfficeというOffice互換ソフトが対応しているとのことで、試してみたところ、フォントがOsakaではうまく開けて、他のファイルは何故か文字化けしていました。

 さらに調べて、以前のPagesなら開けるかな?と思って、iWork 09を再度インストールし、アップルのサイトで最後のバージョンにアップデートしたら、文書ファイルは開けましたし、Sierraでも問題なく動きました。これで開けなかった文書を開いてみると、リュウミンライトが見つかりませんというメッセージが出て、フォントがリュウミンだったので、LibreOfficeではうまく変換できず、文字化けしたようです。

 ただ、これは、09をパッケージで購入していないとだめなので、持っていない方は無理かもしれません。

 他には、有料ソフトで docXConverterというのがデモ版で試しましたが、うまく変換できました。

http://www.mercury-soft.com/docx.html

 ちょっと忘備録的に記事を書いてみました。