Excelの明暗

とある、ソフトを作っているのですが、Excelとの連携をする部分があります。要は、書き出した画像を貼り付けるとか、CSVでデータ渡すというようなことですね。

 Excelは普段、全く使わないのですが、官公庁の書類などは、Excelで枠組みした書類があって、それを使っているようで、全く、計算式が無く、単にレイアウトだけなんですが、どうして、Wordの表で作らないでExcelという本来表計算のソフトで文書作っているのか?というのは色々ブログなどを見ると、議論があるようですね。

 つまるところ、縦横の線だけだし、セルの操作の方がWordの表より簡単で手早いということがありそうです。

 よく考えなくても、変な話なんですが、まあ、それがこと、日本では標準的になってしまっているので、もはや、Excelはレイアウトソフトでもあると考えた方がいいかも。

 これが、長く続いているので、いまさら変えることも出来ず、延々と、Excelで作られた文書が大量に出回るのは仕方ないかもしれませんね。

 考えようによっては、新しい文書作成のソフトの隙間がありそうで、手数が少なく帳票を簡単に作れるソフトがあれば受けるかも。高級なレイアウトソフトとか、デスクトップパブリッシングのソフトは精度が高いし、自由度も高いのですが、簡単か?というとそうでも無いし、文字入力で規定の書類に入れるのは面倒ですよね。そこでExcelなんでしょうね。Wordの表組みだと親切過ぎたり、文字入力したら、レイアウトが崩れるとかもありそう。

 でもまあ、日本の紙の書類も、ネットの中に吸収されると、いまさら、Excelなんか使わない時代もせまっているような気がします。

 マックだとNumbersなんですが、こちらは、全くExcelとは別物ですね。レイアウト重視というか。見た目はかなり良いです。オープンソースのオフィスソフトも色々あって、本家のExcelには無い機能がいろいろあって、面白いですね。