GridWindMusic 3.1.0 公開

本日 3.1.0を公開しました。
開発環境の仕様が変わり、Windows版は30メガ程度のファイルサイズになって、公開サイトでは1ファイル3メガの縛りがあるので、分割圧縮ファイルでの配布になります。7zの解凍ソフトはフリーのがありますので、それを使って下さい。
_______
主な変更点
・テンポ調節のスライダーの設置。「テンポの変化」も動作が変わっています。曲中でテンポが変わるようになっています。
・「叙情的なサウンド」で、短い音符を混ぜるようにして数回繰り返すようにしました。その他、改良しています。
・その他バクフィックス。ファイルを開き、別名で保存するときに同名のファイルで保存して同じディレクトリにして置き換えると、最近使ったファイルのメニューに同じファイル名が並んでしまうバグを修正しています。後は、ウインドウの挙動が不正なものがありましたので修正しています。
_______
以上です。
ダウンロード
http://gridwindmusic.digiweb.jp/index.html

GridWindMusic 2.9.0 公開

本日、2.9.0を公開しました。
主な変更点
・音階に全音階(全音音階ともいいます)とBlue Noteの音階(ジャズの音階ですね、ちょっと変わった鳴りになります)を追加。それに伴って、内部機構を色々手直ししました。
・その他、バグフィックス。(ファイルで保存した時、音程の補正のランダムに設定したものが復元されていませんでした、その他)
//
全体的にニアンスが少し変わっている感じになりました。非常に微妙なところなのですが。全音階とBlue Noteはなかなか調整が難しくて、気持ち悪い感じになりつつ、なんとか響くようになったと思います。曲調としては非常に暗い感じにというか不思議な曲調なんですけれど、調整次第ではなんとなくこういう気分があっているよな日もあるね。という感じです。主音の変化をさせない方が聞き易いと思います。またソフトの環境設定で全音階とBlue Noteを除外するスイッチをつけたので、長音階と短音階だけで音階の変化をさせることもできます。
 細かな点ですが、音程の補正とか、音階のデータを作るメカニズムに手を入れたので、音の鳴る幅がどのような主音にしてもあまり変わらない感じになっています。
お楽しみ下さい。
ダウンロードURL
http://gridwindmusic.digiweb.jp/index.html

6度圏

ソフトのバージョンアップで、音階で全音階とBlueNoteを追加してみてるんですけど、なかなか気持ちよく鳴らなかったのですが、補正で6度圏をはじいてやると、うまく鳴るみたいな事が分かりました。昔読んだコード進行の本で、6度圏の差は不安定ななんちゃらという事があったよなぁ~と思い出したり。
 全音階は全部2度音程離れていて、ドビュシューとか使っていたそうで、ああ、「牧神の午後への前奏曲」とかの感じかなぁとか。BlueNoteはジャズの音階で、ちょっとなんとも言えない不思議な鳴りになりますね。他にも音階ってあるけど、難しいなぁ~。和声的短音階とか、旋律的短音階だと、上がって行くときと下がって行くときでなんか違うとか、ちょっと再現するの悩みます。わかんない。

DSL-MIDI-Synthがお勧め

GridWindMusicでいい音で鳴らすには外部音源が一番あっているんですが、Macの場合このソフトがいい感じで鳴ってくれます。SoundFontを使えるので、GMとかGSのコレクションのSoundFontだとバンク音色も使えそうですね。リバーブやパンも変えられます。
DSL-MIDI-Synth
https://itunes.apple.com/us/app/dls-midi-synth/id888643548?mt=12

Amebaroidの隠し機能

まあ、隠すほどでは無かったのですが、そういえばマニュアルに書いて無かったなぁとか(笑)
ウインドウのアメーバが泳いでいる四角の任意の領域をマウスクリックしたままでいると、そこにアメーバが全部近づいてきます。ちょっと見てて、自分的にはおもしろいんですよね。それで集まって、クリックをやめると、また散らばって行きます。お試し下さい~